Google

Yahoo! JAPAN



医師の転職と看護休暇

医師が転職をする上で、やはり転職に伴う目的や条件はしっかりと考えて転職する事が、重要ですが、医師が転職をする上での条件、目的等は、各医師によりその内容が異なります。 又、女性医師、男性医師により、この条件等は異なり、女性医師は特に家庭と医業の両立をしていくことになりますから、そうした事がきちんと両立させられるような条件をしっかりと考えるべきです。

女性医師の場合、主に結婚や出産を機に転職を果たされるケースが多い事から、こうした出産等に伴い起こり得る、想定できる条件をきちんと考える事が転職には重要です。 そうした面で、やはりお子さんが病気に際に休暇のとれる制度がきちんと設けられている医療施設への転職は、重要で、そうした制度が設けられない場合は、やはり医業中心の政界を強いられ、お子さんの面倒も見られない、家庭の事も出来ない、という事になりますので、この看護休暇制度というものはきちんと設けられた施設への転職を果たす、という事は非常に重要だと思います。

そもそもこの制度は、平成3年に育児&介護休業法の制定がされて、子供が病気の場合に看護休暇を取得できることは法律で定められています。 制度自体の内容は、看護休暇として認められるのは、1年に5日までであり、労働者は雇用主に口頭で申請することによりこれは実現されますが、医師という職業は、中々、こうした法律があっても、命に携わる職業ゆえに、言いづらいという面が多いと言いますから、事前にこうした制度に関しての確認をし、そうした場合は即座にその休暇を申請できるような環境であるかなどは、調べておくべきです。

本来、雇用主は、雇用される側がこの申請をする事により拒否できない事になっていますから、堂々と申請して良いものなのですが、医師という職業はやはり人の命を助ける、という面も多い事から、忙しい医療機関なら尚更言いだせない状況が多いので、転職する場合は、このような制度が必要な場合、的確に行われるか、という部分もやはり重視し、転職先を考える事が重要と思います。

女性医師における転職は、このような子供、家庭にまつわる理由が多い事から、医師不足解消のための対策が色々と設けられてはいるものの、現実追いついていない状況ですが、転職を成功へ導き、家庭と医業の両立がきちんと行われるような転職を果たすためにも、重視すべきは重視して、条件等も明確にしておくことが重要です。 女性医師による転職は、何より看護休暇を重視し、比較検討してください。

老健施設の医師求人サイト
http://xn--gmq93bg3d95qk9qv80a.com/

ナポリタン リンク集

スパゲティにトマトケチャップをからめ炒めて作る。代表的な具材はタマネギ、ピーマン、これにハム、ウインナーソーセージ、ベーコン等の加工肉。タバスコと粉チーズを好みでかける食べ方が一般的である。

ナポリタンの起源には諸説ある。 第一次世界大戦に連合国側で参戦した日本が地中海に艦隊を派遣した際にイタリアに寄港してトマトベースのパスタに触れたというものや、日本海軍の食事などで大正時代には既に今のナポリタンと同じような料理が出されていたなどがある[1]が、横浜山下町にあるホテルニューグランド第2代総料理長・入江茂忠が最初に考案したとの記録が残っており[2]、現在ではこれが最も有力な説である。 同ホテルは戦後まもなくGHQに接収され、マッカーサーが滞在していた部屋が現在でも残っているなど以後7年間米軍によって使用された。当時の米軍ではスパゲティをトマトケチャップで和えた物が一般的な兵営食でレーション(缶詰の戦闘食)としても供給されており、同ホテル駐在の兵士たちも軽食や夜食として良く食べていた。接収解除後の同ホテル倉庫には、保存の利くスパゲティーの乾麺と瓶詰ケチャップが大量に残されており、当時の日本では珍しかった両者を組み合わせた料理をホテル再出発の看板にしようと料理長・入江が思い立ち、ナポリタン開発に取り組む事になる。 入江はケチャップだけでなくトマトピューレなどの調味料や具材を加え、本格的な料理に仕上げた。当時の日本人はアルデンテに馴染みが無く試食会では不評だったため、日本人の嗜好に合わせるべく7割方茹でたスパゲティを冷蔵庫に一晩置いてうどんのような食感にする調理法を編み出し[3]、かつてナポリでトマトソースのスパゲティーが屋台で人気だった故事とアメリカ風にケチャップを使う点に因んで、英語で「スパゲティナポリタン」と命名しメニューに載せた。このスパゲティナポリタンはその後大衆化したナポリタンとは違い、フランスのスパゲティ・アラ・ナポリターナに近い料理であり、現在も同ホテルで提供されている。 昭和30年代に国産スパゲティーが開発されると販売促進のデモンストレーション用に調理が比較的簡単なナポリタンが選ばれ、更に学校給食のメニューに取り入れられるなどしたため知名度は急速にアップした。そして当時は庶民の手に入り難かったトマトピューレや高価であった肉を、ケチャップと安価な赤い色のウインナーや魚肉ソーセージ等で代用する調理法が確立され、現在の料理へ変化していった。あらかじめ茹置きした麺をフライパンで味付けながら炒め直しする調理法が簡便であることから、このナポリタンは給食の他に家庭や喫茶店、学食などの庶民的定番メニューとして親しまれ、全国的に定着していった。またレトルトの業務用ミートソースが開発されるまでは、調理スペースが手狭な列車の食堂車や軽食堂などでは、調理の簡便さからスパゲティーは主にナポリタンが提供されていた。 グルメブームやイタリア料理ブームが起こる前の日本では、スパゲティと言えばミートソースかナポリタンであった。各種付け合わせにもケチャップ味のスパゲティは定番である。現在では様々な本格的パスタが食べられるようになり、個人経営の喫茶店の減少とともにナポリタンを提供する飲食店は以前よりも減っているが、コンビニエンスストアの定番弁当やレトルト・冷凍食品として販売され続けているなど、現在も一定の人気と需要がある。 なおナポリタン考案者の入江料理長は、亡くなるまで「自分が発案した」と公言しなかった。このため家族や周囲は入江が亡くなった数年後に上記文献が発掘されるまで、入江がナポリタンの考案者とは知らなかった。[3]

* 新潟県では、焼きそばにトマトソースをかけたものを「イタリアン」と称している地域がある。 * 静岡県富士市には麺をトマトソースベースのダブルスープにつけて食べるつけナポリタンというご当地料理がある。 * 名古屋には卵と合わせたイタリアンスパゲッティと呼ばれる派生料理がある[1]〔イタリア料理ではなく、日本の料理である〕)。 * 関西地方ではナポリタンをイタリアンと呼ぶこともあるが、何をナポリタンと呼ぶかはレストランによりまちまちである。また袋入りのレトルト食品として両方の商品名で売られているが、両者はほとんど同じ物である[1]。 * イタリアにはナポリタンと呼ばれるソースはある(Neapolitan sauce)が、パスタ料理は存在しない。トマトケチャップはアメリカの調味料でイタリアでは一般には料理で使用されないと思われがちだが、近年は普通に使われている。イタリア料理でスパゲッティ・ナポリタンに比較的近い味のものに、スパゲッティ・アッラ・アマトリチャーナ(Spaghetti alla amatriciana)がある。パンチェッタ・タマネギのトマトソースにペコリーノ・ロマーノを好みで入れるローマ近郊ラツィオ州の料理である。 * アメリカで一般的に食べ物で「ナポリタン」というとアイスクリームの一種を指す(Neapolitan ice cream)。またトマトケチャップを加熱する料理法も一般的ではない。 * 中国ではナポリタンというとミートソースが出ることがある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2010-2013 医師の転職とナポリタン リンク集 All Rights Reserved.

薬剤師だけど製薬会社に転職したいって思ってる リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4